姫路で心療内科・精神科の診療しています。ふじわら心のクリニックです。
カウンセリングのご案内
ふじわら心のクリニック
●診療時間
9:00~12:00
15:00~18:00
アクセスマップ

当院のカウンセリングは、おもに解決構築アプローチ(SBA)※ や認知行動療法(CBT)の考え方に基づいて行っています。
フリートークのカウンセリング
 まずは、患者さんのお話をうかがい、患者さんがすでにお持ちの強みや利用できる資源などを把握し、患者さんなりの目標を一緒に構築し、患者さんなりの解決について一緒に検討していきます。
 そして、必要性とご希望に応じて次に説明するような認知行動療法のワーク(課題)を行うこともあります。
認知行動療法
 認知とは、ものごとの捉え方、考え方のことです。認知行動療法(CBT)は、患者さんが自分の置かれている状況、助けとなる資源や自分の強みをあるがままに認めて、自分の価値観に照らして行為を選択し、できることから少しずつ実行し、自分の価値の実現に近づけていくような態度を身につけるよう援助する方法です。
認知行動療法にはさまざまな技法がありますが、次のような技法があります。


  • 関西学院大学文学修士(心理学)
  • 精神保健福祉士
  • 臨床心理士(財)日本臨床心理士資格認定協会認定
  • 短期睡眠行動療法
    不眠を克服したいと考えている方にお勧めの援助法です。
  • マインドフルネスワーク
    "今、ここ"にいる自分のあるがままに気づき、不安・恐怖・心配・抑うつを手放すための援助法です。
  • 認知・行動の多面的検討
    以前は「認知再構成法」と言われていた援助技法をアレンジしたもので、不安・恐怖・心配・抑うつのもとになる心のつぶやきを検討し、行為の選択を援助する方法です。
  • 行動活性化のためのモニタリング
    自分の行動を振り返って、より長期的な気分の改善をもたらす行為を調べて、気づくための援助法です。
  • その他
    患者さんの問題に応じて、解決の役に立つと思われる取り組みや課題をご提案させていただきます。
※ 解決構築アプローチ(Solution Building Approach)とは、患者さんがもっておられる強みや資源を活用して、患者さんなりの解決を選択し、取り組めるよう援助する患者さん中心のアプローチです。解決志向アプローチとも言われています。